研究概要


 分析・環境化学研究室では、環境並びに生体内における化学物質の動態を明らかにし、人間活動と地球環境の調和を実現するため、以下の研究を行っている。


(1)レアメタルや有害金属の湿式化学洗浄法の開発

 廃棄物や重金属汚染土壌を対象に、キレート剤を主成分とする洗浄液を用いて金属を抽出分離して含有量を低減し、廃棄物・金属の双方を再資源化する技術開発に取り組んでいる。(i)キレート洗浄による重金属除去技術、(ii)超分子型固相抽出材によるレアメタルの精製・回収法、(iii)アミノ酸型生分解性キレート剤の環境技術への活用の研究を通して、環境分野における低エネルギー低コスト型の新しい要素技術として、幅広い産業分野への適用が期待できる。

(2)海洋植物プランクトンの増殖制御技術の開発

 微量鉄製剤や腐植物質を用いて海洋植物プランクトンの増殖制御に関する研究を展開し、 (i)大気中二酸化炭素の海洋への固定化、(ii) 有害プランクトンの抑制技術、(iii)光合成を利用した燃料生産システムの開発等の課題に取り組んでいる。

(3)自然水中における微量元素の動態・影響評価

 水域の環境改善技術の開発を目的として、微量元素の化学形態別分析(スペシエーション)、物質循環メカニズムの解明、有害金属の溶出抑制技術の開発に取り組んでいる。また、北陸地域の河川、湖沼、海域で、水環境改善に向けた調査研究を続けている。

(4)黄砂バイオエアロゾルの長距離輸送と挙動解明

 中国大陸から風送される黄砂には、鉱物粒子だけでなくカビや細菌などの微生物も多く含まれ、その環境影響や健康影響に近年関心が集まりつつある。高度数千mの大気に、どのような微生物が浮遊し、その微生物が人の生活にどのように関わっているか?こうした疑問に答えるため、本研究室では、航空機、気球、ヘリコプターを駆使して観測調査を進めてきた。黄砂にともなって飛来する微生物の存在や生理特性を突き止め、健康被害のある菌に対しては防疫情報を提供できる。更には、その防除技術開発などにも貢献している。

(5)微生物を利用した環境汚染物質のバイオレメディエーションに関する研究

 環境汚染物質を低コスト、低エネルギーで浄化可能な手法として、微生物による環境修復技術(バイオレメディエーション)が注目を集めている。本研究室では、遺伝子解析などの分子生物学的な手法を取り入れて環境中に蓄積した有機塩素化合物、有機金属、抗生物質などを分解する微生物を探索するとともに、これら化合物の分解機構の解明を目指した研究に取り組んでいる。



[金沢大学][理工学域][物質化学類][応用化学コース][自然科学研究科]